生命保険

あなたの生命保険、適切ですか?生命保険に入る目的、選び方を考え直して納得のいく保険契約にすることが大切です
生命保険について

あなたの生命保険、営業さんに勧められるままに入っていたりしませんか?保険は、その時によって必要補償額が異なります。定期的に保険の見直しをして、その時にあった保険を選択するのがベストです。ここでは、生命保険の選び方やお勧めの生命保険、特約の見直し方などを紹介していますので、各保険を比較検討し、時には不要な保険を解約することも必要です。あなたとあなたの家族を助ける保険です。しっかり検討して万が一の時に備えましょう。

生命保険 新着情報

生命保険に加入についてご紹介します。生命保険に加入するときにはその目的が残された家族に対するものなのか、そして貯金を目的にするものなのか、病気をした時の医療費に対するものなのかというように、どのような目的に対するものなのか明確にしておくとよいでしょう。一家の大黒柱が死亡してしまった場合に経済的な困窮に対するものであれば、死亡保険に加入することになります。

長生きした場合を考えて老後資金に対するものであれば養老保険になります。病気やケガで高額の医療費が必要となった場合の備えには、医療保険に加入することになります。生命保険には様々なタイプがあります。独身者か既婚者か、扶養家族は何人いるのか、貯金はいくらくらいあるのかによてどのような保険に入るかは変わってきます。すべての保障をカバーしようとすれば月々の保険料はかなり高額なものになってしまいます。

そのため生命保険に加入する前に、自分のライフスタイルをよく考えるようにしましょう。そして、どのような保障を求めるのかを明確にしましょう。たとえば、生涯独身で通す人や、夫婦共働きで子供のいない人たちには死亡保険は必要ないかもしれません。また扶養家族がいないという人は、医療保険や老後の資金を目的とした養老保険などがお勧めだといえるでしょう。生命保険はもしもの事態に備えるものです。

保険用語はあまり聞きなれないものがありますよね。代表的な保険用語をいくつかご紹介したいと思います。まずは死亡保障です。死亡保障とは、被保険者が死亡した時に保険金受取人に保険金が支払われる保障のことなのです。終身保険や定期保険、養老保険などで保障されており生命保険の主力商品となっています。つぎに入院給付金です。入金給付金は被保険者が病気や怪我などで入院したような場合に保険会社から支払われる金銭のことです。

生命保険の入院特約や主契約の医療保険で保障されていいます。それから必要保障額についてですが、必要保障額とは、文字通り万が一のリスクが発生したようなときに必要となる金額のことです。死亡保障では、被保険者が死亡した場合に必要になる資金の額のことです。入院に対する保障においては、一日に必要となる入院給付金の額です。

予定利率という言葉も難しいですよね。予定利率とは保険会社が保険契約者に約束している利回りのことです。個人契約の生命保険の場合には、大半は加入をする時に約束した予定利率がずっと維持されることになっています。つぎに逆ザヤですが、実際の運用利回りが、予定利率を下回ってしまう状態のことをいいます。バブルの時期(85年~89年)に生命保険に加入していたら、予定利率は最大6%もあるのです。現在の厳しい運用状況の場合では、運用利回りは2%を達成するのも難しいそうです。そのためバブル期の予定利率を大きく下回っていることがわかります。これが逆ザヤなのです。

保険用語は聞きなれないものがあったりして、わからない専門用語もありますよね。一般の加入者は、その全ての専門用語を覚える必要はないと思いますが、基本的な保険用語だけを覚えておき分からない用語があればその時に調べてみればよいとおもいます。まずは保険料です。保険料とは、保険加入者(保険契約者)が保険契約に基づいて保険会社に支払う金額のことです。通常では、保険の掛け金とも言われるものです。保険料は、みなさん安く抑えたいと考えているとおもいます。次に保険金ですが、保険金とは、被保険者に損害が発生した場合など(死亡・病気・入院・事故・火災など)に保険会社が被保険者(死亡保険金では保険金受取人)にたいして支払う金銭のことです。

契約者についてですが、契約者は保険会社と契約を結んで契約上の一切の権利義務を負担する人のことです。要するに、保険料を支払う義務のある人のことですね。被保険者とは保険の対象となっている人のことです。それから保険金受取人とは、保険契約において、契約者から保険金の受取りを指名された人のことをいいます。さらに主契約についてですが、主契約とは保険商品の核となる保障内容の部分のことです。生命保険の場合には主契約(終身保険、定期保険、養老保険など)で死亡保障にそなえ、特約で入院給付保障というパターンが多いようです。

特約とは主契約にオプション的に付ける保障のことでs。特約はあくまでもベースである主契約に付加するものにありますので、保障期間を主契約より長くすることはできません。主契約で保障されない不足部分を特約で補うといった形になります。特約については保険商品によって異なりますので注意しておいたほうがよいでしょう。付加できる特約に制限がある場合がありますのでよく確認をしておきましょう。

生命保険は、積立と掛け捨て、いったいどちらのほうが得なのでしょうか?保険に関して考えたことがある方であれば、一度は悩んだこともあるtおもいます。保険にはその保険料の掛け方によって貯蓄性の高い積立タイプ(貯蓄型保険)と貯蓄性のないもので掛け捨てと呼ばれるタイプの2種類が存在しています。貯蓄型保険(積立タイプ)と掛け捨て保険を生命保険の例で比べてみるとどうなるのでしょうか。生命保険の例で言えば、定期保険は掛け捨てタイプで終身保険や養老保険は貯蓄性の高い積立型タイプだといえます。

それぞれの生命保険がどのように違うか、みてみると、自動車保険の場合は、いままではほとんどの商品が1年更新の掛け捨てタイプでした。けれども、最近の自動車保険には積立タイプもでてきているようです。保険の基本的な特徴としては保険金、保障内容が同じであった場合に積立のほうが掛け捨てより保険料が高くなってしまいます。また、養老保険など満期返戻金が付いている保険の場合であっても、保険料には保障部分(掛け捨て部分)と満期返戻金部分(積立部分)、そして事務経費部分が含まれることになっています。

そのため、積立部分に利息が付いて返ってくるのは当然だとおもいますが、保障部分の掛け金は差し引かれることになります。 定期保険と終身保険、養老保険の三者を比べてみると保険料が同じであれば、保険金(死亡保障)の額は、定期保険>終身保険>養老保険となります。また死亡保障の保険金が同じであった場合には保険料の額は、定期保険<終身保険<養老保険となります。ちなみに定期保険特約、入院特約、成人病特約というような特約の部分の保険料はほとんどの場合は掛け捨てとなってしまいます。

生命保険の解約の方法についてご紹介したいと思います。一般的な考え方としては、一度契約したものを解約するとなると心理的にとても負担になるとおもいます。生命保険を解約するとしたらどこに行って解約をするのか、そして誰に解約を伝えるか?
という点が負担に感じる部分だと思います。まずは担当者に連絡をして、解約を申し出ることになりますが、これは言いづらいかもしれません。しかし、担当者に解約したいと申し出るといった方法をまず初めに考えるべきだと思います。

この時に、問題点として考えられる事は担当者から、解約を引き止められる。という点です。または別の内容を勧められる。ということもあるでしょう。生命保険の担当者にも、営業成績がありますので、こういった点を考えると解約を阻止する事があるかもしれません。しかし、解約を真剣に考えているならその理由をきちんと述べて、担当者と話をするべきだと思います。担当者が納得をすれば、会って解約をするもしくは郵送で書類をやり取りすれば解約する事ができます。

また、別の内容を勧められたとしても、自分できちんと選ぶ目を持つことも大切だとおもいます。けれども、どうしても、担当者と連絡を取りたくないという方もいるでしょう。または担当者が辞めてしまっているような場合があります。この場合は各保険会社の本社サービス窓口に連絡をしてみるのか必要書類を確認しておいて訪問して解約するといった方法があります。サービス窓口は、業務として解約の他にも住所変更や契約者貸付というような業務も行っています。