生命保険に入る目的

あなたの生命保険、適切ですか?生命保険に入る目的、選び方を考え直して納得のいく保険契約にすることが大切です

生命保険に加入する場合、その目的が残された家族に対するものなのか、貯金を目的にするものなのか、病気をした時の医療費に対するものなのかなど、何の目的に対するものなのか明確にしておきましょう。

一家の大黒柱が死亡した後の経済的な困窮に対するものであれば、死亡保険に加入することになります。長生きした場合の老後資金に対するものであれば養老保険に、病気やケガで高額の医療費が必要となった場合の備えには、医療保険に加入することになります。生命保険には様々なタイプがありますが、独身者か既婚者か、扶養家族は何人いるのか、貯金はいくらくらいあるのか等、いろんな条件によってどの保険に入るかは変わってきます。

すべての保障をカバーしようとすると、月々の保険料はとても高額なものになってしまいます。そのため生命保険に加入する前に、自分のライフスタイルをよく考えて、どんな保障を求めるのかを明確にしましょう。たとえば、生涯独身で通す人や、夫婦共働きで子供のいない人達には死亡保険は必要ないかもしれません。また扶養家族がいない人は、医療保険や老後の資金を目的とした養老保険などがお勧めです。

生命保険はもしもの事態に備えるものです。別の言い方をすれば、それが起こることは非常に確率が低いものです。あらゆるリスクを想定して保険に加入していると、保険料はいくらあっても足りません。高額のリスクに対しては保険で対応し、その他のリスクの対しては貯蓄で対応するという考えもあると思います。

私たちの普段の生活は、この先ずっと平穏無事であるとは言い切れません。突然の災害や事故、病気などで一家の主である人が働けなくなったり、死亡したりしてしまう可能性もあります。

生命保険は、このような時に生じる経済的な危機をカバーしてくれます。生命保険に加入せず、万が一の備えとして貯蓄をしておくという方法もありますが、その不測の事態が起きてしまった時に必要な金額まで達していなかったら意味がありません。必要な医療費用や生活費用をまかなうことができないのです。しかし、生命保険であれば万が一の事態が起こってしまった場合に、必要な金額の受け取りが可能です。

生命保険の始まりは、相互扶助制度としてスタートしました。相互扶助制度とは、多くの人が出資をして、その中の誰かが病気や事故なので金銭的な危機に直面した場合、共同の資金から必要なお金を給付するというものです。将来への備えとして、どんなタイプの生命保険に加入すればいいのでしょうか。万が一の事態が発生した時、保険に未加入だったり、また入っていても保険金が足りないと役に立ちません。様々なタイプの保険に入っていれば安心ですが、保険料が非常に高額になってしまうため大変です。

生命保険は住宅に次ぐ大きな買い物であると言われています。毎月の保険料を将来にわたって何十年も払い続けていくことを考えると、合計金額は相当な額になるはずです。正しい生命保険の知識を得て、将来のライフプランに見合った保険を選ぶ必要があるようです。

また、生命保険は不測の事態が発生した時の保障となるものですが、決して安いものではありません。日本における生命保険の世帯加入率は90パーセントを超えると言われており、大半の世帯は生命保険に入っていることになります。生命保険の中には貯蓄機能の付いた商品もありますが、保険の本来の目的は、経済的な危機に対する保障を買うことにあります。

多くの生命保険会社のメインとなる商品は「定期付き終身保険」という生命保険で、この保険における定期部分は掛け捨てになります。例えば、20歳代で「定期付き終身保険」に入り、60歳で払い込みが終了するまで、定期部分の保険料は数百万円から一千万以上となります。もちろん、掛け捨てといってもただお金を捨てているのではなく、この期間の経済的な保障を確保しているということになります。金額からみると、自動車以上に大きな買い物であると言えます。

しかしほとんどの人は、自分が加入している保険についてよく理解していないのが現状です。将来、どのような保障が必要であるのかを十分に検討しないまま、保険会社の社員から勧められた保険に入っている人が多いようです。自分の年齢や将来の家族構成などをよく考慮して、自分の人生設計に合った生命保険を選ばなくてはなりません。住宅や車に匹敵するような、数百万円から一千万円以上もする大きな買い物であるからこそ、安易に購入したり他人任せにしてはいけないのです。

生命保険には様々なタイプがありますが、最も普及しているものは「定期付き終身保険」と呼ばれる生命保険です。しかしその割には、誤解も多い生命保険であるとも言われています。

定期付き終身保険とは、終身保険を主契約として、特約で定期保険を上乗せして大型の保障を確保するものです。子供が小さいうちなどの一定期間の死亡保障を、定期保険で大型のものとし、子供が独立後には主契約の終身保険で死亡保障をするものですが、注意しなければならないのは、ここで言う「定期」とは「定期貯金」の「定期」と同じ意味ではない、ということです。

定期保険をかけている期間中に死亡すると、終身保険と定期保険の2つの保険から保険金が支払われることになりますが、保険期間が過ぎると終身保険分だけしか保険金は支給されません。多くの人がこの部分をあまり理解せずに「定期付き終身保険」に加入しているようです。

たとえば、30倍型の保険金が3000万円となる「定期付き終身保険」に加入したとします。この時、主契約となる終身保険は100万円で、残りの2900万円は定期保険となりますが、この定期保険の有効期間は、保険料払い込み満了時となりますので、保険料の払い込み終了と同時に補償額が30分の1になってしまうのです。つまり、3000万円の保険に入ったつもりでも、実は100万円だったというのでは後悔することになります。

大型保障といっても、保障できる期間は限られており、そのような意味あいでの「定期」保険と呼ばれています。大型保障は一生涯続かないことを頭に入れておきましょう。

生命保険関連ニュース