生命保険の必要性

あなたの生命保険、適切ですか?生命保険に入る目的、選び方を考え直して納得のいく保険契約にすることが大切です
生命保険の必要性

私たちの普段の生活は、この先ずっと平穏無事であるとは言い切れません。突然の災害や事故、病気などで一家の主である人が働けなくなったり、死亡したりしてしまう可能性もあります。

生命保険は、このような時に生じる経済的な危機をカバーしてくれます。生命保険に加入せず、万が一の備えとして貯蓄をしておくという方法もありますが、その不測の事態が起きてしまった時に必要な金額まで達していなかったら意味がありません。必要な医療費用や生活費用をまかなうことができないのです。しかし、生命保険であれば万が一の事態が起こってしまった場合に、必要な金額の受け取りが可能です。

生命保険の始まりは、相互扶助制度としてスタートしました。相互扶助制度とは、多くの人が出資をして、その中の誰かが病気や事故なので金銭的な危機に直面した場合、共同の資金から必要なお金を給付するというものです。将来への備えとして、どんなタイプの生命保険に加入すればいいのでしょうか。万が一の事態が発生した時、保険に未加入だったり、また入っていても保険金が足りないと役に立ちません。様々なタイプの保険に入っていれば安心ですが、保険料が非常に高額になってしまうため大変です。

生命保険は住宅に次ぐ大きな買い物であると言われています。毎月の保険料を将来にわたって何十年も払い続けていくことを考えると、合計金額は相当な額になるはずです。正しい生命保険の知識を得て、将来のライフプランに見合った保険を選ぶ必要があるようです。

また、生命保険は不測の事態が発生した時の保障となるものですが、決して安いものではありません。日本における生命保険の世帯加入率は90パーセントを超えると言われており、大半の世帯は生命保険に入っていることになります。生命保険の中には貯蓄機能の付いた商品もありますが、保険の本来の目的は、経済的な危機に対する保障を買うことにあります。

多くの生命保険会社のメインとなる商品は「定期付き終身保険」という生命保険で、この保険における定期部分は掛け捨てになります。例えば、20歳代で「定期付き終身保険」に入り、60歳で払い込みが終了するまで、定期部分の保険料は数百万円から一千万以上となります。もちろん、掛け捨てといってもただお金を捨てているのではなく、この期間の経済的な保障を確保しているということになります。金額からみると、自動車以上に大きな買い物であると言えます。

しかしほとんどの人は、自分が加入している保険についてよく理解していないのが現状です。将来、どのような保障が必要であるのかを十分に検討しないまま、保険会社の社員から勧められた保険に入っている人が多いようです。自分の年齢や将来の家族構成などをよく考慮して、自分の人生設計に合った生命保険を選ばなくてはなりません。住宅や車に匹敵するような、数百万円から一千万円以上もする大きな買い物であるからこそ、安易に購入したり他人任せにしてはいけないのです。

生命保険関連ニュース
生命保険 新着情報

生命保険に加入についてご紹介します。生命保険に加入するときにはその目的が残された家族に対するものなのか、そして貯金を目的にするものなのか、病気をした時の医療費に対するものなのかというように、どのような目的に対するものなのか明確にしておくとよいでしょう。一家の大黒柱が死亡してしまった場合に経済的な困窮に対するものであれば、死亡保険に加入することになります。

長生きした場合を考えて老後資金に対するものであれば養老保険になります。病気やケガで高額の医療費が必要となった場合の備えには、医療保険に加入することになります。生命保険には様々なタイプがあります。独身者か既婚者か、扶養家族は何人いるのか、貯金はいくらくらいあるのかによてどのような保険に入るかは変わってきます。すべての保障をカバーしようとすれば月々の保険料はかなり高額なものになってしまいます。

そのため生命保険に加入する前に、自分のライフスタイルをよく考えるようにしましょう。そして、どのような保障を求めるのかを明確にしましょう。たとえば、生涯独身で通す人や、夫婦共働きで子供のいない人たちには死亡保険は必要ないかもしれません。また扶養家族がいないという人は、医療保険や老後の資金を目的とした養老保険などがお勧めだといえるでしょう。生命保険はもしもの事態に備えるものです。

保険用語はあまり聞きなれないものがありますよね。代表的な保険用語をいくつかご紹介したいと思います。まずは死亡保障です。死亡保障とは、被保険者が死亡した時に保険金受取人に保険金が支払われる保障のことなのです。終身保険や定期保険、養老保険などで保障されており生命保険の主力商品となっています。つぎに入院給付金です。入金給付金は被保険者が病気や怪我などで入院したような場合に保険会社から支払われる金銭のことです。

生命保険の入院特約や主契約の医療保険で保障されていいます。それから必要保障額についてですが、必要保障額とは、文字通り万が一のリスクが発生したようなときに必要となる金額のことです。死亡保障では、被保険者が死亡した場合に必要になる資金の額のことです。入院に対する保障においては、一日に必要となる入院給付金の額です。

予定利率という言葉も難しいですよね。予定利率とは保険会社が保険契約者に約束している利回りのことです。個人契約の生命保険の場合には、大半は加入をする時に約束した予定利率がずっと維持されることになっています。つぎに逆ザヤですが、実際の運用利回りが、予定利率を下回ってしまう状態のことをいいます。バブルの時期(85年~89年)に生命保険に加入していたら、予定利率は最大6%もあるのです。現在の厳しい運用状況の場合では、運用利回りは2%を達成するのも難しいそうです。そのためバブル期の予定利率を大きく下回っていることがわかります。これが逆ザヤなのです。

保険用語は聞きなれないものがあったりして、わからない専門用語もありますよね。一般の加入者は、その全ての専門用語を覚える必要はないと思いますが、基本的な保険用語だけを覚えておき分からない用語があればその時に調べてみればよいとおもいます。まずは保険料です。保険料とは、保険加入者(保険契約者)が保険契約に基づいて保険会社に支払う金額のことです。通常では、保険の掛け金とも言われるものです。保険料は、みなさん安く抑えたいと考えているとおもいます。次に保険金ですが、保険金とは、被保険者に損害が発生した場合など(死亡・病気・入院・事故・火災など)に保険会社が被保険者(死亡保険金では保険金受取人)にたいして支払う金銭のことです。

契約者についてですが、契約者は保険会社と契約を結んで契約上の一切の権利義務を負担する人のことです。要するに、保険料を支払う義務のある人のことですね。被保険者とは保険の対象となっている人のことです。それから保険金受取人とは、保険契約において、契約者から保険金の受取りを指名された人のことをいいます。さらに主契約についてですが、主契約とは保険商品の核となる保障内容の部分のことです。生命保険の場合には主契約(終身保険、定期保険、養老保険など)で死亡保障にそなえ、特約で入院給付保障というパターンが多いようです。

特約とは主契約にオプション的に付ける保障のことでs。特約はあくまでもベースである主契約に付加するものにありますので、保障期間を主契約より長くすることはできません。主契約で保障されない不足部分を特約で補うといった形になります。特約については保険商品によって異なりますので注意しておいたほうがよいでしょう。付加できる特約に制限がある場合がありますのでよく確認をしておきましょう。