生命保険を選ぶ

あなたの生命保険、適切ですか?生命保険に入る目的、選び方を考え直して納得のいく保険契約にすることが大切です

人によって必要な生命保険は異なります。家族構成や年齢、将来設計が各々違うので、必要とする生命保険も違いが出てくるのがあたり前です。生命保険にかかる費用は決して安くはありませんので、よけいな出費を抑えるためにも、本当に自分が必要と思われる保障プランを立ててみてはいかがでしょうか。

生命保険会社では、いろんな特約を主契約の保障に付加したパッケージ商品を販売しているので、保険を選ぶ際に、これらのパッケージ商品を数種比較検討して選ぶことも1つの方法です。しかし、この中に自分の人生設計に適した商品がなければ、パッケージ商品ではなく、別々の保険に個別で加入することもできます。もちろん、保険のタイプによって生命保険会社を変えてみるのもいいでしょう。

パッケージ型の生命保険に既に入っている方も、不要な特約を削除したり、必要な特約を付加することにより、自分のライフスタイルに近づけていくこともできます。例えば、大きな保障が必要ないのであれば、定期特約を減額してみるのもいいかもしれません。そのような見直しを行うためには、まず自分のライフスタイルと将来への設計が必要となってきます。

将来どの程度の保障が必要となってくるのか、必要となる保障の内容と金額を考えなければいけません。多少面倒くさいところですが、本来生命保険とは、そのくらいの手間をかけて加入するべきものなのかも知れません。将来、不測の事態が発生して慌てないためにも、様々な観点から生命保険を考えてみるべきでしょう。

生命保険の中で、保障が重視されるのは死亡保険ですが、これにも終身保険、定期保険、定期付き終身保険と呼ばれるタイプがあります。終身保険は保険期間が終身であるため、保障は一生涯続く、いわば保険金が必ず支払われるタイプの保険なので、他の生命保険に比べると保険料は割高なものとなります。

終身保険の特徴は、満期になったとしても満期保険金はないものの、一生涯にわたり死亡保障が続くだけでなく、解約返戻金も貯蓄性の高いものとなっているところです。将来、子供が独立して死亡保障が必要なくなれば、保険を解約して解約返戻金を老後資金にまわすこともできます。それ以外のメリットとしては、終身保険の保険料払い込み期間が終了後、死亡保障を継続する、解約返戻金を受け取る、介護保険にするという選択肢もあります。

定期保険は保険期間が10年間や15年間、または60歳までというように、ある一定期間に限定して保障するというタイプの保険となります。もし解約したとしても解約返戻金は支払われませんので、一般的に掛け捨て保険とも言われており、安い保険料で大きな保障を得たいのであればこちらがお勧めです。

また、死亡保障だけを目的とした生命保険なので貯蓄性はありませんが、終身保険や養老保険などと比較すると、保険料は割安なものとなっています。しかしデメリットとしては、解約返戻金がない、更新型であれば更新ごとに保険料が上がっていく、などが挙げられます。

定期つき終身保険とは、終身保険に定期保険を特約として付加したもので、ある一定期間に限定して大型の保障を付けたタイプの保険です。

当然のことながら、必要とされる保障額は人によって異なってきます。同じ年齢であっても、独身で親と同居している人と、妻子がいて家賃を支払っている人とでは、必要とされる保障額に違いがあるのは当然です。生命保険の本来の目的は、不測の事態が起きた時に経済的に困窮しないために加入するものです。そのため、目的や必要な金額がはっきりわかれば、必要な生命保険を選ぶことは簡単です。

しかし、このような目的や必要金額が把握できていない場合、ピントがずれた生命保険に加入してしまうことになりますので気をつけなければなりません。生命保険に加入する時に、加入の目的や必要金額を保険会社にはっきり伝えないと、不要な特約が付いてしまったり保険金額が高くなってしまったりするケースもあるようです。

また、生命保険はアフターケアの必要な商品であるという認識を持ちましょう。生命保険は30年近く、人によってはそれ以上の長期にわたって保障を買うものですが、1度買ってしまうとそのままでいい、というものではありません。

長い期間の中には、ライフスタイルや世の中の情勢、景気の動向なども変わっていくはずです。結婚や子供の誕生、子供の進学や独立などの生活環境も徐々に変化していくことでしょう。このような変化に合わせて、生命保険も見直しが必要となってくるのです。

保険は若い時に加入するのが良いと言われていますが、若い独身者が高額の死亡保険に加入する必要はないと思いますし、いろいろ特約の付いた保険に入る必要もないでしょう。

養老保険は死亡保険に貯蓄機能がついた生命保険で、生死混合保険と呼ばれるものです。この保険の特徴は、老後の資金を貯蓄と死亡保険をあわせもっているところにあり、早く亡くなる人が多かった明治時代から昭和30年代にかけて主流でした。若い人でも、結核や赤痢などで早く亡くなる可能性があった時代では、人気の高い生命保険であったようです。

現在では医療技術などが進歩により平均寿命が延びているため、長生きした場合のリスクに備えた終身保険や個人年金保険などにトップの座を奪われてしまいました。しかし、保険と貯金が同時にできることから、今でも根強い人気があることも事実です。貯金と保障が同時にでき、満期前に解約してしまうと元本割れしてしまうことから、強制的に貯蓄したい人にはお勧めの保険ではないでしょうか。

養老保険は、満期まで生存していれば「満期保険金」が支払われ、もし保障期間中に死亡してしまった場合には「死亡保険金」が支払われることになります。この時の満期保険金と死亡保険金は同額になります。養老保険は解約返戻金が多いので、その分死亡保険としては保険料が割高になってしまいます。そのため、死亡保険だけに焦点を絞りたい人は、養老保険でなく単体の死亡保険に加入したほうがいいかもしれません。

ある一定期間だけ死亡保険の付いた「定期付き養老保険」という商品もあるようです。しかし、定期付き養老保険の死亡保障は、通常の養老保険よりも割安になってしまうだけでなく、貯蓄性も普通の養老保険よりも劣るという欠点もあります。

生命保険関連ニュース