おすすめの生命保険

あなたの生命保険、適切ですか?生命保険に入る目的、選び方を考え直して納得のいく保険契約にすることが大切です

若い独身者であれば、生命保険は必要ないと感じている人もいるかもしれません。それは自分に何かあったとしても、経済的に困る扶養家族もいないからです。したがって生命保険に加入する際には、保険会社の外交員にすすめられるままに、自分に適していない保険であっても加入してしまうこともあるようです。独身者で、将来の人生設計が見えてこない状況では、自分に合う生命保険を選ぶのは難しいのかもしれません。

若い独身者にお勧めの生命保険は、将来の基礎を作る終身保険であるといわれています。若い人は、毎月の収入も多くないことが予想されますので、支払いに大きな負担が掛からない範囲で加入すると良いでしょう。将来、結婚や子供の誕生などのライフスタイルの変化に合わせて、保険料を増額していくのです。もしも一生独身であるならば、解約返戻金を老後の資金に回すこともできます。

保険料の支払いに無理がないのであれば、単体の医療保険に加入するのも一つの方法だと思います。保険料の支払いに負担がかかるようであれば、終身保険に医療保険の特約を追加するという方法もあります。

さまざまな特約がついた複雑な保険ですと、将来保険の見直しが必要となった時に、望みどおりの見直しができない場合もあるようです。そのため、生命保険の必要性を感じないうちは終身保険に医療保険を追加したもので十分です。自営業の人は健康保険による保障が少ないので、医療保険の保障を厚くしておく方が良いでしょう。

生命保険の必要性は、結婚後に多くの人が感じると思います。独身時代から生命保険に加入していたならば、見直しが必要となってきます。基本的な考え方は、家計と保険料のバランスを上手にとることだと思います。つまり、月々の保険料と必要な保障額をよく考えて保険を見直さなくてはなりません。

余分な保障は削って、不足している保障を補うことが必要になります。また、姓が変わりますので、生命保険会社に名義変更届けを提出しなくてはなりません。保険受取人も、両親から妻や夫に変更することも必要です。

結婚してから初めて生命保険に加入する人でも、基本は独身者と同様に、終身保険に医療保険を追加するということです。妻が専業主婦であるならば、夫の死亡保険金を厚く設定しておくことをお勧めします。終身保険で死亡保険金を厚くすると保険料が高くなりますので、経済的な負担が大きいようであれば、定期保険で増額するという方法をとってもいいかもしれません。

妻が専業主婦であるような場合、高額な死亡保険金は必要ないと思いますので、貯蓄を兼ねた養老保険に加入するというのも1つの手段です。また、専業主婦であれば医療保険にも加入しておきましょう。この時、夫の家族特約で医療保険に加入することもできますが、これですと夫が死亡した場合に妻の保障もなくなってしまうので注意が必要です。家計に余裕があれば、保険料の安い若いうちに、単体の医療保険に加入しておくことをお勧めします。

子供が生まれたら、教育費用のことも考えなくてはなりません。またこの頃になれば、多くの人は住宅ローンを抱えているのではないでしょうか。このように、教育費用や住宅ローンなどが家計に大きな負担をかけてくるので、その時に生命保険を見直すことが必要になります。

生命保険においては、日常生活に支障をきたさない保険料で、各家庭に適した保障を得ることが必要となってきます。子供が誕生してから将来独立するまでの間の保障は、定期保険で増額することをお勧めします。どの程度の保障額を増額するのかは、子供の進路によっても違いがありまあすが、だいたい一人あたり1500万円の増額が目安と言われています。

また家計の一部を妻が負担しているのであれば、その所得分も定期保険に加入しておきましょう。子供ができた後の生命保険の基本形は、独身時代に加入した終身保険と医療保険に定期保険を上乗せした形となります。

定期付き終身保険を選択する方法もありますが、将来自由に見直しができるかどうか、あらかじめ確認しておくことが必要です。終身保険と定期保険を単体で組み合わせておけば、将来のライフスタイルの変化に合わせて変えることができるので、こちらのほうがいいでしょう。

子供の教育費用を貯蓄するために、こども保険や学資保険なども多く利用されていますが、これは現在の金利が低いため、長期にわたっても低金利で、資金を長期間にわたって固定してしまうのはデメリットであるという考えもあります。子供に対する貯蓄は、保険以外の方法を考えたほうがいいかもしれません。

親に扶養されている子供は、生命保険として死亡保険に加入する必要はないと思います。それよりも子供が小さい家庭では、子どもを扶養している親の生命保険の保障を厚くすることをお勧めします。子どもを被保険者とする子ども保険に、親の死亡時や高度障害が残った時に育英年金が付いているタイプがありますが、このタイプには気をつけなければならない点があります。

育英年金は年金を受け取る時に相続税の対象となるほか、毎年受け取る年金が「雑所得」として住民税と所得税の対象となるところです。子どもの生命保険を考える場合、死亡保険は要りませんが、高度障害を抱えてしまった場合の備えはしておきましょう。高度障害になった場合、経済的な負担は相当大きくなることが予想されますので、医療保険や傷害保険に加入するのはいかがでしょうか。

子ども保険には高度障害に対する保障がついていないものもありますので注意してください。医療保険は親の生命保険に「家族特約」で付加することができる場合もありますので、確認してみましょう。

どうしても子どもを生命保険に加入させたい時には、将来子どもに引き継ぐことを前提とした終身保険に加入する方法もあります。契約者を子ども自身として、早い段階から終身保険に加入すれば、保険料はかなり低く抑えることができるはずです。

子どもは日頃の生活の中でケガをすることが多いと思いますので、損保会社から販売されている「傷害保険」もお勧めです。この保険に加入して、病気やケガによる入院などに備えてみてはどうでしょうか。

共働き夫婦が生命保険に加入する場合のポイントはなんでしょうか。共働き夫婦における生命保険の基本的な考え方は、独身時代と同じでかまいません。妻にある程度の収入がある場合、夫の死亡保障を高く設定する必要もないようです。

夫、妻の双方が終身保険に加入して、老後の資金に対する備えをするとともに、ケガや病気に備えるためには医療保険に加入します。子どもがいる家庭では、子どもの小さいうちの一定期間は、それぞれが定期保険に加入して保障額を厚くしておいたほうがいいかもしれません。

必要以上の保険に加入して高い保険料を払うよりも、保険料を最小限に抑えて、貯蓄額を増やす方がいいと思います。若い共働き夫婦には、介護保険や個人年金保険などはそんなに関係のない保険です。このような保険は、老後が近づいた時に加入しても遅くはないですし、十分な貯蓄額があれば、それを老後資金に充ててもいいと思います。

「夫婦連生終身保険」は、保険料が割安と言われている保険です。この保険には3つの種類があり、まず夫婦いずれかが死亡したときに保険金が支払われるタイプ、そして夫婦どちらかが死亡すると保険料が支払われますが、そこで保険契約が終わってしまうタイプ、また夫婦どちらかが死亡しても保険金が支払われずに、もう一方が死亡した時に初めて保険金が支払われるタイプがあります。どれも保険料が安くはないようですので、選ぶ際には注意が必要です。

結婚して子どもが生まれて進学するようになると、当然教育費用もかかるようになります。家族に対する責任が徐々に増していくので、40歳前後の人は生命保険の保険料をかなり支払っていることと思います。しかし、40歳くらいから子どもの成長に合わせて、生命保険も見直す必要がでてきます。子どもが高校生くらいになれば、今後必要とされる教育費用も見えてくることでしょう。この時、高額の死亡保障は要らなくなってきます。

そこでお勧めするのは、子どものために加入した定期保険は解約し、その保険料を貯蓄に回す方法です。長期の定期保険であれば、解約返戻金が支払われるタイプもあるようです。貯蓄性のある終身保険などは解約してはいけません。解約返戻金のある終身保険は、老後を支える資金となる財産となりますので、途中解約はしない方がいいでしょう。途中で契約を転換すると、今まで培ってきたメリットがなくなってしまいます。

老後への備えとして個人年金保険に加入する人もでてきますが、加入する際は、保険料の支払いの負担が大きくならないように注意してください。個人年金に加入する代わりに貯蓄して、子どもが独立した後にその資金を頭金として個人年金保険を購入するという方法もあります。

子どもがいなくて夫婦二人だけであるならば、終身保険を増やして老後に備えるのもいいでしょう。基本的な考え方は、子どもへの保障から自分の病気や老後の保障へと焦点を移していくことにあるようです。

50歳くらいになると子どもが独立することが多くなりますので、妻の生活保障以外は必要なくなるのではないでしょうか。50歳からは老後を迎えるための準備期間に入るので、余分な死亡保障を老後資金に移行する転換期となるのです。そのため、子どもが独立した時には生命保険を見直すことが必要になってきます。

生命保険を見直す時のポイントは、余分な死亡保障を削除して、その分の保険料を医療保険や老後のための貯蓄に回したりすることにあるようです。終身保険は、解約返戻金を原資として個人年金として受け取ることができます。この原資が大きいほど、長期にわたり年金を受け取ることができます。

終身保険から個人年金保険への切り替えを検討している人は、解約返戻金がいくらぐらいで、年金受給額がどのぐらいになるのか確認しておきましょう。ただし、終身保険から個人年金保険に切り替えた時点で死亡保障がなくなってしまうことは頭に入れておきましょう。

個人年金保険のメリットは金利の低い時期ではあまりないようです。個人年金保険のような貯蓄性の高い保険は、低金利の時期に加入しても利回り低いからです。金利の動向など社会の情勢にあわせて、個人年金保険に加入することをお勧めします。

定年まで待って、退職金を利用して個人年金保険に加入する方法もありますので、あわてて個人年金保険に加入しないように注意しましょう。老後に対する備えは、個人年金保険ではなく貯蓄でカバーする方法もあるということを念頭においてください。

60歳を過ぎてから生命保険を検討する場合、貯蓄代わりに保険に加入しようとする考え方は持たないほうがいいようです。それは生命保険を利用して老後に備えて貯蓄をしたい場合、現在のように金利が低い場合は、貯蓄性がとても低いものになってしまうからです。60歳からの生命保険は死亡保障ではなく、医療保険を重点をおいて考えましょう。

年齢が高くなると、同じ病気にかかったとしても若い頃に比べて療養日数が長引くことが予想され、入院したとしても入院期間が長引いてしまいます。そのため、長期の入院に備えた総合医療保険に加入してみるのはいかがでしょうか。

しかし60歳台から総合医療保険に加入する場合、保険料が高額なものとなってしまいます。保険料をなるべく抑えたいのであれば、損保会社から販売されている医療保険がお勧めとなってきます。こちらは契約で定められた範囲内であれば、入院に必要な費用を保障してもらえます。

入院に対して保険で備えるのではなく、貯蓄で備える方法もあります。例えば100日入院したとすると、1日5000円の保険であれば50万円支払われることになります。毎月15000円ずつ保険料を支払ったつもりで貯蓄すると、3年弱で50万円を貯めることができます。もし200万円近く貯蓄があるのであれば、保険料をわざわざ支払って入院に備える必要はないのではないでしょうか。

しかし、ガンなどは医療費用が高額となりますので、保険で備えることをお勧めします。ガン保険単体であれは安い保険料で済むはずです。

生命保険関連ニュース