50歳からの生命保険

あなたの生命保険、適切ですか?生命保険に入る目的、選び方を考え直して納得のいく保険契約にすることが大切です
50歳からの生命保険

50歳くらいになると子どもが独立することが多くなりますので、妻の生活保障以外は必要なくなるのではないでしょうか。50歳からは老後を迎えるための準備期間に入るので、余分な死亡保障を老後資金に移行する転換期となるのです。そのため、子どもが独立した時には生命保険を見直すことが必要になってきます。

生命保険を見直す時のポイントは、余分な死亡保障を削除して、その分の保険料を医療保険や老後のための貯蓄に回したりすることにあるようです。終身保険は、解約返戻金を原資として個人年金として受け取ることができます。この原資が大きいほど、長期にわたり年金を受け取ることができます。

終身保険から個人年金保険への切り替えを検討している人は、解約返戻金がいくらぐらいで、年金受給額がどのぐらいになるのか確認しておきましょう。ただし、終身保険から個人年金保険に切り替えた時点で死亡保障がなくなってしまうことは頭に入れておきましょう。

個人年金保険のメリットは金利の低い時期ではあまりないようです。個人年金保険のような貯蓄性の高い保険は、低金利の時期に加入しても利回り低いからです。金利の動向など社会の情勢にあわせて、個人年金保険に加入することをお勧めします。

定年まで待って、退職金を利用して個人年金保険に加入する方法もありますので、あわてて個人年金保険に加入しないように注意しましょう。老後に対する備えは、個人年金保険ではなく貯蓄でカバーする方法もあるということを念頭においてください。

生命保険関連ニュース
生命保険 新着情報

生命保険に加入についてご紹介します。生命保険に加入するときにはその目的が残された家族に対するものなのか、そして貯金を目的にするものなのか、病気をした時の医療費に対するものなのかというように、どのような目的に対するものなのか明確にしておくとよいでしょう。一家の大黒柱が死亡してしまった場合に経済的な困窮に対するものであれば、死亡保険に加入することになります。

長生きした場合を考えて老後資金に対するものであれば養老保険になります。病気やケガで高額の医療費が必要となった場合の備えには、医療保険に加入することになります。生命保険には様々なタイプがあります。独身者か既婚者か、扶養家族は何人いるのか、貯金はいくらくらいあるのかによてどのような保険に入るかは変わってきます。すべての保障をカバーしようとすれば月々の保険料はかなり高額なものになってしまいます。

そのため生命保険に加入する前に、自分のライフスタイルをよく考えるようにしましょう。そして、どのような保障を求めるのかを明確にしましょう。たとえば、生涯独身で通す人や、夫婦共働きで子供のいない人たちには死亡保険は必要ないかもしれません。また扶養家族がいないという人は、医療保険や老後の資金を目的とした養老保険などがお勧めだといえるでしょう。生命保険はもしもの事態に備えるものです。

保険用語はあまり聞きなれないものがありますよね。代表的な保険用語をいくつかご紹介したいと思います。まずは死亡保障です。死亡保障とは、被保険者が死亡した時に保険金受取人に保険金が支払われる保障のことなのです。終身保険や定期保険、養老保険などで保障されており生命保険の主力商品となっています。つぎに入院給付金です。入金給付金は被保険者が病気や怪我などで入院したような場合に保険会社から支払われる金銭のことです。

生命保険の入院特約や主契約の医療保険で保障されていいます。それから必要保障額についてですが、必要保障額とは、文字通り万が一のリスクが発生したようなときに必要となる金額のことです。死亡保障では、被保険者が死亡した場合に必要になる資金の額のことです。入院に対する保障においては、一日に必要となる入院給付金の額です。

予定利率という言葉も難しいですよね。予定利率とは保険会社が保険契約者に約束している利回りのことです。個人契約の生命保険の場合には、大半は加入をする時に約束した予定利率がずっと維持されることになっています。つぎに逆ザヤですが、実際の運用利回りが、予定利率を下回ってしまう状態のことをいいます。バブルの時期(85年~89年)に生命保険に加入していたら、予定利率は最大6%もあるのです。現在の厳しい運用状況の場合では、運用利回りは2%を達成するのも難しいそうです。そのためバブル期の予定利率を大きく下回っていることがわかります。これが逆ザヤなのです。

保険用語は聞きなれないものがあったりして、わからない専門用語もありますよね。一般の加入者は、その全ての専門用語を覚える必要はないと思いますが、基本的な保険用語だけを覚えておき分からない用語があればその時に調べてみればよいとおもいます。まずは保険料です。保険料とは、保険加入者(保険契約者)が保険契約に基づいて保険会社に支払う金額のことです。通常では、保険の掛け金とも言われるものです。保険料は、みなさん安く抑えたいと考えているとおもいます。次に保険金ですが、保険金とは、被保険者に損害が発生した場合など(死亡・病気・入院・事故・火災など)に保険会社が被保険者(死亡保険金では保険金受取人)にたいして支払う金銭のことです。

契約者についてですが、契約者は保険会社と契約を結んで契約上の一切の権利義務を負担する人のことです。要するに、保険料を支払う義務のある人のことですね。被保険者とは保険の対象となっている人のことです。それから保険金受取人とは、保険契約において、契約者から保険金の受取りを指名された人のことをいいます。さらに主契約についてですが、主契約とは保険商品の核となる保障内容の部分のことです。生命保険の場合には主契約(終身保険、定期保険、養老保険など)で死亡保障にそなえ、特約で入院給付保障というパターンが多いようです。

特約とは主契約にオプション的に付ける保障のことでs。特約はあくまでもベースである主契約に付加するものにありますので、保障期間を主契約より長くすることはできません。主契約で保障されない不足部分を特約で補うといった形になります。特約については保険商品によって異なりますので注意しておいたほうがよいでしょう。付加できる特約に制限がある場合がありますのでよく確認をしておきましょう。