生命保険新着情報&ニュース

あなたの生命保険、適切ですか?生命保険に入る目的、選び方を考え直して納得のいく保険契約にすることが大切です

最近では、インターネットのウェブサイトなどで生命保険の資料を一括で請求したり、人気のある生命保険のランキングをみたりできますよね。そういったことを参考にして生命保険の会社を選ぶという人もいるのではないでしょうか。ひとことで生命保険といっても、さまざまなものがあります。医療保険であったり、女性医療保険、死亡保険、個人年金、がん保険、シニア保険、こどもの保険、傷害保険などさまざまです。色々とある保険の種類からも内容を比較することも可能です。

たとえば、医療保険のランキング上位にはいってくる保険は、アフラックの一生いっしょの医療保険EVERやアリコのすこしで安心終身医療保険、オリックス生命の医療保険CURE、三井住友海上きらめき生命の新医療保険などです。がん保険のランキング上位にはいってくる保険は、チューリッヒ生命の終身ガン保険や、アフラックのがん保険、アメリカンホーム・ダイレクトのライフサイズガン、東京海上日動あんしん生命のがん治療支援保険「無配当」などです。

そして、死亡保険のランキング上位にはいってくる保険は、損保ジャパンDIY生命の1年組み立て保険、オリックス生命のFineSave、アフラックのライトフィットプラン、アリコのみんなのかんたん定期保険、アフラックのWAYSなどです。個人年金保険のランキング上位にはいってくる保険は、東京海上日動あんしん生命の個人年金保険、アフラックのアフラック個人年金などです。いかがでしょうか、人気のある保険商品を参考にしてみてくださいね。

生命保険というものは一般的な広い意味でみてみると死亡や病気、ケガなどの予期することができない出来事のために経済的に生活が難しくなったりした場合のための経済的な備えのことです。

病気やケガをした時などには入院費用などがかかります。そのための備えは医療保険をもちいますが、万が一のときのために生命保険なども多数あります。

いまではほとんどの世帯が何かしらの形で生命保険を契約しているとおもいます。その生命保険は死亡保障だけではなくて将来のための必要となる資金を、必要な時期や目的にあわせて準備するためにも有効な手段なのです。

つまり、生命保険というものは自分や家族を守るための「生活保障」の手段ということです。自分や家族に必要な保障内容をきちんと確認して目的に見合った保険種類を選択して契約することが重要なのです。

保険には死亡保障に絞っている掛け捨ての生命保険や貯蓄性のある終身保険、そして将来の医療保障や年金に変更できる生命保険などさまざまなタイプがあります。

保険比較の保険市場(http://www.hokende.com/static/life/)では、生命保険に人気ランキングやさまざまな分類の保険をみることができます。生命保険などを決めるときに参考にするとよいのではないでしょうか。

新聞やテレビのコマーシャルなどでも取り沙汰されている医療保険や変額年金保険などは人気がりますよね。知っている方もきっと多いことでしょう。保険の場合にでてくる人気商品と、一般的に世の中で売れているような人気商品には大きな違いがあります。たとえば大人気の映画や人気が爆発したゲーム機、そしてレストラン、ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオなどのアミューズメントパーク、テレビドラマ、人気の高いホテル、人気の高い旅行先などこの世の中には人気の商品が溢れていますよね。実は保険と、これらの商品には大きく異なり点があります。

このような多くの人気商品に共通していえるものは「使用感」なのです。この使用感という言葉が若干当てはまらない部分があるかもしれません。けれども使った、もしくは利用したという感想と読み替えてみてください。そうすると映画は見てみたらとても面白かった。ゲームはやってみたらとても面白かった。レストランは料理やサービスなどが最高だった!ディズニーランドなどのアミューズメントパークはとても楽しかった!テレビドラマはとても感動した!ホテルはとても綺麗で何日も滞在していたいくらいだった!旅行はとても楽しめて良い思いでが作れた!

というようにすべて使ったり利用した場合に支払ったお金以上の価値を感じて満足をしていることになります。このような楽しかったや嬉しかったというような感想を持った人の口コミの情報やこうした口コミを利用して広告によってたくさんのファンを作ることに成功していることがわかります。それでは生命保険や医療保険についてはどう当てはまるのでしょうか。新聞や雑誌などを読んでいるとたまに「○×生命の終身医療保険が人気」「銀行では変額年金がすごい勢いで売れている」というような記事や広告を見かけたりしますよね。

けれども保険は前出の他の人気商品とは一線を画しており保険を使うシーンを想像しると保険で起こる口コミは使用感や満足感ではないのです。たとえば「保険料が安い」、「保障が厚い」そして「なんとなくよさそうな保険だから」という曖昧なことしかありません。しかも、保険料は保障の内容が異なる商品の場合には一概に比較することはできません。

また、ある程度保険についての知識がなければ内容を理解してその保険料を比較することはとても難しいのです。そのため保障が厚いというメリットであっても、何に対して保障が厚いかを知るためには、他にある保険の商品と比較しなければならないため保険についての知識が要求されてることになります。その結果として「なんとなく・・」ということになってしまうのです。このように人気に対する根拠があいまいのままだと、この状態から販売件数が伸びていくことはとても難しいということがいえるでしょう。


共働き家庭が最近では多いとはいっても妻のほうが夫よりも同じくらいの収入を得ている方やそれ以上に妻のほうが収入が多いという方はあまり多くはいないでしょう。例えば夫がなくなってしまった場合に妻の収入で残された子供を養っていくということは不安が残るところもありますよね。けれども18歳未満の子供の母親には遺族年金がありますし夫がサラリーマンの場合だと遺族厚生年金を受けることもできます。

そのため妻の収入+遺族年金や夫の退職金など=夫が亡くなる前の収入で試算した予想生涯賃金となり生命保険はあまり必要ないかもしれません。またこの公式の左側が右側より少ない分は生命保険や預金、親の援助で賄うことができれば生活に困るということはないとおもいます。この公式に入る数字や情報などをきちんと集めなければ、何もわからないということなのでさまざまな点を把握しておくことが大事です。

たとえば妻が亡くなった場合には、遺族年金や遺族厚生年金を夫が受け取ることができません。そのことはきちんと理解しておく必要があります。妻に先立たれた夫にたいしては優しい制度はないようです。生命保険の見直しは子供や妻、家族構成によってもその都度見直しをしていくことをおすすめします。


生命保険について誰かに相談をしたいけれども一体誰に相談すればいいのかわからない・・・というかたも結構いるのではないでしょうか。たとえば保険会社や代理店の人に相談してしまうと自分の会社の商品を押し付けられるのではないかと考えてしまったり、ファイナンシャルプランナーに相談をしたいけれども有料だと、どうしようと考えてしまったりしますよね。

生命保険の営業の方に相談をするにしても、代理店に頼んだとしても、はたまたファイナンシャルプランナーに依頼をしたとしても保険の専門家が自分にとって本当に役に立つ情報を与えてくれるのかどうかを見極めるポイントがあれば、簡単ですよね。ポイントがわかっていれば誰に依頼をしても不安が解消されるのではないでしょうか。生命保険を選ぶときには商品選びをするのではなくて、まずは目的を明確にすることが大事です。そのため保険選びを相談する生命保険の専門家に求める役割について考えてみると目的の設定にあたって効果的な質問ができるということなのです。

しかし普段から生命保険にかかわっていない限り、殆どのかたが自分が死んだらどうなるとか、病気になったらどうなるというようなことを真剣に考えているという人はあまりいないでしょう。専門家の方に「保険選びの目的はなんですか?」と聞かれても、即答できるという人は一握りだとおもいます。それは保険を常に意識している人くらいですよね。

専門家の方は亡くなった場合にはいくらお金が必要になるのか?ということや病気になった場合にはどれくらいの費用が掛かるのかというようなこと、退職や引退を考えている人はその後の生活費はいくら必要になるのか?ということ、教育費はどれくらい必要になるのか?というようなことを平均値を情報として提供してくれるとおもいます。

そのときにそれらの情報を参考にして自分の家庭にとって必要なことが見えてきますよね。「保険選びの目的は何ですか?」というような質問にもきちんと答えられるようになるのではないでしょうか?保険を考えるにあたって必要な情報に接しないで保険の目的を明確化することは難しいですよね。その点をサポートしてくれない人やいきなり商品や設計書を出すという人は専門家ではなくて単に営業マンといえるでしょう。

生命保険を見直すためには専門家の方に相談することが一番よいとおもいますが、専門家の方は目的を満たすための「必要保障額の試算」に知恵を貸してくれることが前提となってきます。平均値や一般論的な情報をもとにして自分が保険に入る目的を明確にしてから今度は目的を満たすための金額はいくになるかを計算しなければなりませんよね。この金額ですがたとえば100人いたら100通りあるとおもいます。全く同じように暮らしをしている人がいないことを考えればこのことは当然といえるでしょう。

これは必ず各々で計算しなくてはならなくてそうしないと自分の家庭にあった保険など見つけられるはずはないということなのです。必要保障額の計算によっては「目的をみたすのに保険は必要ない」という結論になるかもしれませんよね。このことは保険料を減らすには絶好のチャンスともいえるとおもいます。自分が納得できる計算をするためには、公的保障の金額やさまざまな情報が必要となってくるわけですわけですがそういった情報を専門家が提供してくれれば必要保障額の計算は短い時間で簡単に済んでしまうのではないでしょうか。

生命保険を選ぶときに目的にあった保障を保険料と商品内容のバランスを考えて提案してくれるということが一番最良ではないでしょうか。保険商品別の活用方法などにたいして知恵をかしてくれて保険商品選びをサポートしてくれるような人でなくてはならないとおもいます。まさかの時に必要な金額が明らかになっていればその金額をカバーするために本当に保険が必要になるのかどうかが自分でもきちんと理解できるはずですよね。どうしても「ここは保険にはいっておくしかないな」と思ってからはじめて、商品選びに入っていくようにしましょう。

保険には生命保険、医療保険、がん保険、入院保険などいろいろな種類がありますよね。その中でも人気のある商品はいろいろとあります。保険の資料請求をしてみるというかたもきっと多いことでしょう。さまざまな保険会社がありますので資料請求をして見比べてみるのもとても大切なことです。

保険会社各社の資料請求トップ商品をいくつかご紹介したいとおもいます。まずはアクサダイレクトはアクサダイエレクトの入院手術保険が上位にはいってきます。つぎにアリコジャパンのアリコのわたしのガン保険、三井住友会場きらめき生命のこれ一本、第一生命のTHE(これぞ)・真打!W、三井生命のベクトルX、神奈川県民共済のメインコース1.000円+入院共済特約Ⅱ1.500円です。

ほかにも三井ダイレクトのe入院保険スーパープラス、損保ジャパンDIY生命の1年組み立て保険、富国生命の学資保険、損保ジャパンのDr.ジャパン、都民共済の生命共済総合保障型、東京海上日動あんしん生命のがん治療支援保険、アフラックの将来、保険料が半額になる医療保険EVERHALF、太陽生命のけんこうレスキュー、オリックス生命の医療保険CURE(キュア)、エース保険の保険華族、損保ジャパンひまわり生命のフェミニーヌなどがあります。

これだけみても保険会社というものはたくさんありますよね。保険商品の資料請求などはインターネットなどから簡単に一括請求できますし、自分にとって必要な保障額について調べることもできます。相談も無料のところがありますので保険の見直しに活用してみてはいかがでしょうか。

日本生命(http://www.nissay.co.jp/okofficial/)は、ニッセイの愛称でおなじみですよね。ロングランのみらいサポートという商品が新しくできたそうです。そのロングランみらいサポートEXの特長は自身と家族のみらいを守るといった安心のかたちで万が一の備えから入院や手術などに備えた総合医療特約です。この新しい商品はお客様の声からうまれたそうで、入院の場合は1泊2日以上の入院で1日目から入院給付金を受け取ることができます。また入院にかかる諸費用なども保証されます。

たとえば入院準備肥料や診断書の取得代金、退院後の通院代などに活用することが可能です。手術などの場合は公的医療保険制度の対象となっている手術などを保障してくれます。病院から交付されてる領収書などから公的医療保険制度の対象となる手術であるのかどうかを自身で簡単に確認することができます。支払い対象となっている手術はなんと1.000種類以上もあります。

ほかにも手術給付金の金額がわかりやすくなっています。入院の有無などを基準としてかんがえて手術給付金の金額などを簡単に計算することができます。この新しい医療特約は目的におうじて色々とある商品と組み合わせすることができます。気になるかたは問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

社団法人生命保険協会(http://www.seiho.or.jp/)は、日本における生命保険業務の健全な発達や信頼性の維持をはかることを目的としており、生命保険に関する理論や実務の調査そして研究、生命保険に関する広報活動、生命保険に関する意見の表明、その他の目的を達成するために必要と認められた事項などを事業としています。

創立100周年を記念したシンポジウムの~未来をはぐくむ『きずな』の大切さを今、考える~の参加申し込みをうけつけており、シンポジウムは平成20年12月5日(金)午後2時から午後4時30分までとなっています。場所はルテアトル銀座で参加費は無料です。特別講演でキャスターの木場弘子氏の「魅力的なコミュニケーションを考える」が予定されています。

同時開催では「家族のきずな絵本コンテスト」の表彰式典があります。希望する参加者には後日、絵本のプレゼントがあります。申し込みはウェブサイトからおこなえます。申し込みをするさいには必要事項を入力してから確認ボタンをクリックします。名前やフリガナ、郵便番号、都道府県、住所、メールアドレス、電話番号、、性別、プレゼント用の絵本を希望するかの有無、同伴者の有無や人数、年代などです。シンポジウムに興味があるかたは参加してみてはいかがでしょうか。

団体信用生命保険の概要をご紹介したいとおもいます。団体信用生命保険は生命保険の為、借入れをしている本人が高度な障害になってしまったり死亡をした場合には、保険金が支払われることによってその債務を弁済することができます。そのため借り入れしている本人の家族の方がその債務を引き継ぐことはありません。万が一、不幸にして被保険者が死亡した場合や高度障害状態になった場合にはその時点の債務残高に相当する死亡保険金が貸し手である債権者に支払われますので借入金がなくなります。

団体信用生命保険の加入制限ですが健康状態を告知することによって加入することができます。健康状態によっては加入できないこともあります。告知する内容は最近の3ヶ月以内の医師の治療や投薬の有無、過去3年以内の手術や2週間以上にわたる医師の治療・投薬の有無、手足の欠損や機能障害の有無、 背骨・視力・聴力・言語・そしゃく機能の障害の有無などです。実際に該当する病歴があるような場合には、病名や治療期間、症状や経過などを詳細に記入する必要があります。

加入は購入時ということになり、返済途中から加入することはできません。けれども脱退することは出来ます。脱退をした場合には再加入をすることはできません。デュエット団信の場合は借入者と連帯債務者のどちらか1人が加入することができます。夫婦の場合は両人とも加入することができます。団体信用保険の加入年齢制限ですが申し込みをしてから70歳以上の方は加入できません。また保険期間は80歳の誕生月までとなっています。

生命保険の基礎知識のなかで特約というものがあります。特約は保険のおおもとの契約を『主契約』と呼ぶのに対してその主契約を補完する契約のことを『特約』(特別約款の略)と呼んでいます。特約は単独で加入することはできなため必ず主契約に付随した形での契約することになります。

特約には、大きく分けて「死亡保障」と「医療保障」があります。多分、聞いたことがあるというかたも少なくはないでしょう。死亡した時の保障額を加算したり、入院保障を確保したり割増したりすることが出来るのです。保険会社によっては取扱っていない特約もあるため生命保険に加入をする前に保険会社に問い合せをしてみたほうがよいでしょう。

死亡特約には災害割増特約や傷害特約、リビングニーズ特約などがあります。医療特約には災害入院特約や疾病入院特約、手術特約、成人病特約、長期入院特約、通院特約、女性疾病入院特約、がん入院特約、疾病退院後療養特約などがあります。さまざまな特約がありますのでニーズにあわせて組み合わせてみるとよいでしょう。

死亡特約の災害割増特約の特長ですが、災害または法定・指定伝染病にかかってしまい死亡したり、高度傷害になってしまった場合には死亡保険金に上乗せをして災害割増保険金が支払われることになります。ほかにも詳しい保障内容があるとおもいますが、保険会社によって異なるとおもいますので契約をする保険会社に問い合わせをおこなうようにしましょう。

明治安田生命(http://www.meijiyasuda.co.jp/)では個人向けの商品もとりあつかっており、ウェブサイトには生命保険に関する留意点なども記載されています。保険金や給付金を請求するための案内や契約の際の留意点なども掲載されちます。生命保険の資料請求はウェブサイトからも簡単におこなうことができます。また保険のお見積もりについてもウェブサイトからおこなうことができます。

明治安田生命の保険商品は、3年ごとの利差配当付き利率変動型積み立て終身保険ライフアカウントL.Aや3年ごとの利差配当付き利率変動型積み立て終身保険のメディカルアカウントm.a.、5年ごとの利差配当付き新医療保険MYどっくプラス、5年ごと利差配当付き限定告知型医療保険かんたん告知医療保険、5年ごとの利差配当付き一時払特別終身保険エブリバディ、5年ごとの利差配当付き終身保険パイオニアE、5年ごと利差はいつつき払込期間満了後終身保険ゆとり~むEなどがあります。

ほかにも5年ごと利差配当付き個人年金保険年金ひとすじ、5年ごと利差配当付き個人年金保険年金ひとすじワイド、生存給付金つき終身保険祝い金付シニアプラン、個人定期保険、5年ごと利差配当付きこども保険(Ⅱ型)こどものほけん、新生存給付金付定期保険特約付5年ごと利差配当付き養老保険ハッピーバルーン、定期保険特約付5年ごと利差配当付き養老保険定期保険特約付養老保険E、養老保険、一時払い新養老保険、保障付積み立て保険ドリームプランⅠ型などがあります。その保険ごとに資料請求することができますので興味のある保険は資料請求してみてもよいのではないでしょうか。

新聞などのメディアで取り上げられて医療保険や変額年金保険は人気がありますよね。きっとご存知の方も多いでしょう。保険における人気商品と、一般的に世の中で売れている人気商品には大きな違いがあります。大人気の映画や大人気のゲーム機、アミューズメントパークやホテル、レストランなど世の中には人気の商品が溢れていますよね。保険と、これらの商品にはじつは大きく異なる点があります。

保険には使用感がない?!といえます。先述したように多くの人気商品でそれぞれみんな共通していえることは「使用感」です。若干言葉が当てはまらない部分があるかもしれませんが、いずれも使ったりもしくは利用した感想ですよね。映画は見ていて面白かったり、ゲームはやってみて面白かったり、レストランはサービスと料理がとてもよかった!ディズニーランドはとても楽しかった!ホテルは綺麗でサービスもすごくよかった!というようにすべて使ったり利用した際に支払ったお金以上の価値を感じて満足している様子のことをさしています。このような感想を持った人の口コミや口コミを利用した広告によってたくさんのファンを作ることに成功しています。

それではなぜ保険は売れるのでしょうか?それは企業側の広告や営業マンのパワーだといえます。保険が良く売れるのは商品の良し悪しではなくて「売り方」です。即ち販売戦略といえます。より魅力ある広告をつくったり営業マンの教育に力をいれていくということなのです。儲かる商品は誰もが広告費を投入しあすよね。広告をだしたり多くの営業マンを教育したり雇ったりするということはとてもお金がかかることです。広告の場合は我々個人レベルでは想像もつかない金額の広告費を投入しています。

保険商品はコストを使って売るため、売られる保険はよほど会社の売り上げに貢献するものでなくてはならないですよね。売っても儲からない可能性のある貯蓄性の保険を売るよりも掛け捨てで、保険金の支払いが少ない商品をたくさん売らなければ保険会社も潰れてしまうのです。過去売り止めになった保険ですが、バブル崩壊以前の高金利時代には貯蓄性の保険はお金が増えるので簡単に売れたそうです。養老保険などは10年で元本の2倍になってしまうような商品もあったそうですよ。

保険というよりも資産運用のような形なのでこのときは保険が飛ぶように売れたのですが、バブルが崩壊してしまったあとは金利は下がってしまいましたし、株価は一気におちていってしまったためにユーザーに約束した高利回りの商品が会社にとって大きな足かせとなり経営を圧迫してしまいました。そのためいくつかの保険会社は破綻の憂き目に会ってしまい大きな被害を受けた方も少なくないはずです。

保険会社が潰れる保険ですが、このようなことから保険会社にとって命取りになる保険は契約者にとっては有利な保険であることがわかります。バブルが崩壊して金利や株価が下がると保険会社は何をしたかというば、貯蓄性の高い保険の利回りを下げてしまったり販売中止にしたのです。そうしなければ身が持たないのです。日本人といえば貯金が好きです。掛け捨てをきらう性分の人が多のです。

第一生命保険(http://www.dai-ichi-life.co.jp/)は、第一生命保険相互会社が正式な名称です。コマーシャルなどでも第一生命の名前はきいたことがあるとおもいます。加入しているというかたも少なくはないとおもいます。第一生命は老舗の生命保険会社ともいえます。商品もさまざまなラインナップがそろっています。取り扱い商品は保険商品や損害保険、がん保険、投資信託、金融機関販売商品、確定拠出年金(個人型)などがあります。

保険商品は、更新型終身以降保険に「堂堂人生」があります。5年後との配当金付の更新型終身移行保険です。ほかにも終身医療保険に「主役人生」という商品があります。これは5年ごとに配当がつく終身医療保険です。また医療の王道という5年ごとに配当がつう終身医療保険もあります。定期保険には、「Skip-U」という5年ごとに配当がつく生存給付付の定期保険があります。ほかにもサクセスUとサクセスUα、マジェスティUとマジェスティUαなどがあります。

養老保険には養老保険Uとニュー・一時払い養老があります。個人年金保険にはしあわせ物語やニューマイラインなどがあります。終身保険には「順風人生」や悠悠保険、エスコート、TIME、ミリオンなどがあります。特定疾病補償保険には
SHIELD」があり、介護保険には、「Mickey」があります。さまざまな商品ラインナップがありますので自分にあう商品をみつけるのが難しい場合には、相談にのってもらうとよいのではないでしょうか。

オリックス生命保険(http://www.orix.co.jp/ins/index.htm)は、 オリックスグループ出資比率100%の会社です。オリックス生命保険では代理店(対面販売)とダイレクト(通信販売)の2つの販売チャネルをもっています。オリックス生命保険は死亡保障を目的とする各種定期保険をはじめとして入院保障を確保することができる医療保障などの商品を手ごろな保険料で提供しています。 「医療保障CURE[キュア]」をはじめとしてシンプルで、分かりやすい商品などもあります。

オリックス生命保険は上野樹里さんがコマーシャルにも出演されているそうです。もし、興味があって資料請求をしたい場合にはウェブサイトから簡単に資料請求をおこなうことができます。希望する商品をまずは選んでみましょう。希望商品は複数選択することができます。死亡保険のファインセーブや、医療保険の医療保険CURE、医療保険CURELadyなどがあります。

資料請求をする場合は保障の対象となられる予定のかたについて入力をおこないます。まずは氏名を漢字とカナで入力して電話番号や性別、生年月日、職業、メールアドレス、資料の届け先の郵便番号や住所などを入力します。またどんなものをみて資料請求の希望をされたのか、選択をおこないます。すべて入力を終えたら確認画面で入力内容の確認をおこない送信すれば資料請求の完了です。

生命保険の解約について考えたことがあるかたも多いと思います。家計のために、より良い保険に切り替えようかと思っているかたも少なくはないでしょう。生命保険を解約される理由は人によって様々だと思います。ただ、注意してもらいたいことは生命保険を解約してしまうと、その契約は元には戻せないということなのです。生命保険は万が一に備えたものですよね。たとえば解約した次に日に病気になったり、もしかしたら亡くなるという事もあるかもしれません。

そこで、別に新しい生命保険を契約する場合には、その生命保険の契約が成立してから、古い生命保険を解約するようにしましょう。新しい生命保険に加入することが出来ない場合もありますので注意したほうがよいでしょう。たとえば生命保険を解約をしないで、継続する方法としては、減額や特約の解約、払い済み、延長定期、契約者貸付などもあります。もし、生命保険を解約する理由が保険料の支払いが難しいというような場合には、「生命保険を解約しないで、継続する方法」というものもあります。

支払いする保険料の金額を下げる方法なのですが、減額とは、契約している保険の保障額を減らすことによってその保険料が安くなります。また、「終身保険」等の貯蓄性のある保険を減額してしまうと、減額分に応じて解約返戻金が支払われることになります。他にも特約の解約という方法もあります。特約の解約とは、契約している保険の特約部分を解約することによって支払っている保険料を安くするといった方法です。特約には定期保険特約や入院特約、成人病特約などがあります。

生命保険の解約の方法についてご紹介したいと思います。一般的な考え方としては、一度契約したものを解約するとなると心理的にとても負担になるとおもいます。生命保険を解約するとしたらどこに行って解約をするのか、そして誰に解約を伝えるか?
という点が負担に感じる部分だと思います。まずは担当者に連絡をして、解約を申し出ることになりますが、これは言いづらいかもしれません。しかし、担当者に解約したいと申し出るといった方法をまず初めに考えるべきだと思います。

この時に、問題点として考えられる事は担当者から、解約を引き止められる。という点です。または別の内容を勧められる。ということもあるでしょう。生命保険の担当者にも、営業成績がありますので、こういった点を考えると解約を阻止する事があるかもしれません。しかし、解約を真剣に考えているならその理由をきちんと述べて、担当者と話をするべきだと思います。担当者が納得をすれば、会って解約をするもしくは郵送で書類をやり取りすれば解約する事ができます。

また、別の内容を勧められたとしても、自分できちんと選ぶ目を持つことも大切だとおもいます。けれども、どうしても、担当者と連絡を取りたくないという方もいるでしょう。または担当者が辞めてしまっているような場合があります。この場合は各保険会社の本社サービス窓口に連絡をしてみるのか必要書類を確認しておいて訪問して解約するといった方法があります。サービス窓口は、業務として解約の他にも住所変更や契約者貸付というような業務も行っています。

生命保険は、積立と掛け捨て、いったいどちらのほうが得なのでしょうか?保険に関して考えたことがある方であれば、一度は悩んだこともあるtおもいます。保険にはその保険料の掛け方によって貯蓄性の高い積立タイプ(貯蓄型保険)と貯蓄性のないもので掛け捨てと呼ばれるタイプの2種類が存在しています。貯蓄型保険(積立タイプ)と掛け捨て保険を生命保険の例で比べてみるとどうなるのでしょうか。生命保険の例で言えば、定期保険は掛け捨てタイプで終身保険や養老保険は貯蓄性の高い積立型タイプだといえます。

それぞれの生命保険がどのように違うか、みてみると、自動車保険の場合は、いままではほとんどの商品が1年更新の掛け捨てタイプでした。けれども、最近の自動車保険には積立タイプもでてきているようです。保険の基本的な特徴としては保険金、保障内容が同じであった場合に積立のほうが掛け捨てより保険料が高くなってしまいます。また、養老保険など満期返戻金が付いている保険の場合であっても、保険料には保障部分(掛け捨て部分)と満期返戻金部分(積立部分)、そして事務経費部分が含まれることになっています。

そのため、積立部分に利息が付いて返ってくるのは当然だとおもいますが、保障部分の掛け金は差し引かれることになります。 定期保険と終身保険、養老保険の三者を比べてみると保険料が同じであれば、保険金(死亡保障)の額は、定期保険>終身保険>養老保険となります。また死亡保障の保険金が同じであった場合には保険料の額は、定期保険<終身保険<養老保険となります。ちなみに定期保険特約、入院特約、成人病特約というような特約の部分の保険料はほとんどの場合は掛け捨てとなってしまいます。

保険用語は聞きなれないものがあったりして、わからない専門用語もありますよね。一般の加入者は、その全ての専門用語を覚える必要はないと思いますが、基本的な保険用語だけを覚えておき分からない用語があればその時に調べてみればよいとおもいます。まずは保険料です。保険料とは、保険加入者(保険契約者)が保険契約に基づいて保険会社に支払う金額のことです。通常では、保険の掛け金とも言われるものです。保険料は、みなさん安く抑えたいと考えているとおもいます。次に保険金ですが、保険金とは、被保険者に損害が発生した場合など(死亡・病気・入院・事故・火災など)に保険会社が被保険者(死亡保険金では保険金受取人)にたいして支払う金銭のことです。

契約者についてですが、契約者は保険会社と契約を結んで契約上の一切の権利義務を負担する人のことです。要するに、保険料を支払う義務のある人のことですね。被保険者とは保険の対象となっている人のことです。それから保険金受取人とは、保険契約において、契約者から保険金の受取りを指名された人のことをいいます。さらに主契約についてですが、主契約とは保険商品の核となる保障内容の部分のことです。生命保険の場合には主契約(終身保険、定期保険、養老保険など)で死亡保障にそなえ、特約で入院給付保障というパターンが多いようです。

特約とは主契約にオプション的に付ける保障のことでs。特約はあくまでもベースである主契約に付加するものにありますので、保障期間を主契約より長くすることはできません。主契約で保障されない不足部分を特約で補うといった形になります。特約については保険商品によって異なりますので注意しておいたほうがよいでしょう。付加できる特約に制限がある場合がありますのでよく確認をしておきましょう。

保険用語はあまり聞きなれないものがありますよね。代表的な保険用語をいくつかご紹介したいと思います。まずは死亡保障です。死亡保障とは、被保険者が死亡した時に保険金受取人に保険金が支払われる保障のことなのです。終身保険や定期保険、養老保険などで保障されており生命保険の主力商品となっています。つぎに入院給付金です。入金給付金は被保険者が病気や怪我などで入院したような場合に保険会社から支払われる金銭のことです。

生命保険の入院特約や主契約の医療保険で保障されていいます。それから必要保障額についてですが、必要保障額とは、文字通り万が一のリスクが発生したようなときに必要となる金額のことです。死亡保障では、被保険者が死亡した場合に必要になる資金の額のことです。入院に対する保障においては、一日に必要となる入院給付金の額です。

予定利率という言葉も難しいですよね。予定利率とは保険会社が保険契約者に約束している利回りのことです。個人契約の生命保険の場合には、大半は加入をする時に約束した予定利率がずっと維持されることになっています。つぎに逆ザヤですが、実際の運用利回りが、予定利率を下回ってしまう状態のことをいいます。バブルの時期(85年~89年)に生命保険に加入していたら、予定利率は最大6%もあるのです。現在の厳しい運用状況の場合では、運用利回りは2%を達成するのも難しいそうです。そのためバブル期の予定利率を大きく下回っていることがわかります。これが逆ザヤなのです。

生命保険に加入についてご紹介します。生命保険に加入するときにはその目的が残された家族に対するものなのか、そして貯金を目的にするものなのか、病気をした時の医療費に対するものなのかというように、どのような目的に対するものなのか明確にしておくとよいでしょう。一家の大黒柱が死亡してしまった場合に経済的な困窮に対するものであれば、死亡保険に加入することになります。

長生きした場合を考えて老後資金に対するものであれば養老保険になります。病気やケガで高額の医療費が必要となった場合の備えには、医療保険に加入することになります。生命保険には様々なタイプがあります。独身者か既婚者か、扶養家族は何人いるのか、貯金はいくらくらいあるのかによてどのような保険に入るかは変わってきます。すべての保障をカバーしようとすれば月々の保険料はかなり高額なものになってしまいます。

そのため生命保険に加入する前に、自分のライフスタイルをよく考えるようにしましょう。そして、どのような保障を求めるのかを明確にしましょう。たとえば、生涯独身で通す人や、夫婦共働きで子供のいない人たちには死亡保険は必要ないかもしれません。また扶養家族がいないという人は、医療保険や老後の資金を目的とした養老保険などがお勧めだといえるでしょう。生命保険はもしもの事態に備えるものです。

生命保険関連ニュース